« 「いつも揺れている感じがする」 | トップページ | さすがコンサル »

2011年3月31日 (木)

単位の話

最近の報道では単位がごちゃごちゃに語られているため
「よく分からん!」と放り投げてしまう人もいるとか・・<そりゃお前のことだってか?!

酔っ払いでも分かる図で説明してくれるいいのがありましたので
ご覧ください。『緊急被ばく医療研修のホームページ』から「単位とその持つ意味」
宴会場にあるお酒の総量がベクレル(Bg)そこでAさんが飲んだお酒の量(会場に何時間いてどの位お酒に近い場所にいたか)がグレイ(Gy)、Aさんが受けるお酒の影響をあらわすのがシーベルト(Sv)どんなお酒を・急に飲んだかゆっくり飲んだのか?・もともとお酒に強いか?弱いか?を示します。

「マイクロシーベルト」と「ミリシーベルト」も報道により使い分けられて分かりづらいですね。
こちらは「ミリシーベルト」「マイクロシーベルト」とはどんな単位なのか、どのくらいから危険なのか?放射線量計測単位のまとめご覧ください。
人間は地球上のどこに住んでいても常に放射線を浴びています。人体は年間およそ2.4ミリシーベルト(2.4mSv:1シーベルトの1000分の1×2.4)の自然放射線に常にさらされています。
放射線を短期間(約1時間)に全身被ばくした場合、200ミリシーベルト以下の被ばくでは、急性の臨床的症状(急性放射線症)は認められないとされています。

特に説明のないかぎりテレビなどの報道で省略されているのは「毎時」のようなので、例えばある地域で「1マイクロシーベルトが観測された」という報道があ れば、人間がそこで1時間過ごすと1マイクロシーベルトを「被ばく」することになる、と考えてください。「2.4ミリシーベルト毎時」であれば、普通に過 ごしていて1年間に浴びる放射線量を1時間で浴びる、というレベルです。
「マイクロ」というのは「ミリ」のさらに1000分の1。1マイクロシーベルトは1シーベルトの100万分の1です。
10万マイクロシーベルト(100ミリシーベルト)を超えるとガンになる人が増加するとされています。「ガンになる人が増加」と聞くとドキッとするかもしれませんが、すべての人が高い確率でガンになるというわけではなく、発がんリスクが高まるという意味で す。「発がんリスクが高まる」と言っても、例えばいわゆる「発がん物質」というものを習慣的に摂取してもすべての人が発がんするわけではない、喫煙者の全 員が肺がんとなるわけでなく、肺がんとなった人の全員が死亡するわけではないということを思い出して、必要以上に不安にならないようにしてください。

※上記記事中からの抜粋ですので詳しくはもう一度ご自分でリンクを開いてお読みになってください。

« 「いつも揺れている感じがする」 | トップページ | さすがコンサル »

3.11その後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単位の話:

« 「いつも揺れている感じがする」 | トップページ | さすがコンサル »

フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック