« 腹がすわる治療 | トップページ | 日本全国の水道の放射能値をグラフ化 »

2011年3月29日 (火)

放射線量のデータを視覚化!

福島第一原発の状況が先が見えない状態なので不安をお持ちだと思います。
放射線量などさまざまなデータの発表を、
一般の人に危険度をイメージしやすく伝えるサービスが立ち上がっているのでお知らせします。


ネイバージャパンが立ち上げた「全国放射線量マップ」は、文部科学省が発表している「都道府県別環境放射能水準調査結果」のデータをもとに、日本地図上にどのくらいの放射線量が計測されたかを色付きの円で示したもの。放射線量のレベルごとに、どのような危険性があるのかを簡潔に説明しているほか、日常生活と放射線量や用語集へのリンクもある。

http://www.naver.jp/radiation

「μSv(micro sievert) 関東各地の環境放射能水準の可視化」というサイトでは、各都市の放射能の状況を雪が降っているかのような画面を表示することで、その違い見ることができる。このサイトでは、各都市の状況のほか、「自然被爆量-世界平均」「放射線業務従事者の上限」「発ガン率0.5%上昇」なども表示され、「緊急に脱出が必要」の画面では最も激しくその状況がイメージ化されている。

http://microsievert.net/


日本科学未来館のサイトでも「放射性物質マップ」を 『地震、原発をよみとく』 として

公開しています。

http://www.miraikan.jst.go.jp/linkage/quake2011/radioactivity.html

« 腹がすわる治療 | トップページ | 日本全国の水道の放射能値をグラフ化 »

3.11その後」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放射線量のデータを視覚化!:

« 腹がすわる治療 | トップページ | 日本全国の水道の放射能値をグラフ化 »

フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック