2017年2月 9日 (木)

いかがお過ごしですか?

今年の冬は気温の変化が激しいので体調を崩す方が多いようですね。
お気を付けください。
ご自分の体を治すのはご自身の治癒力が一番です。
治せるか治せないかは、脳と体がきちんと対話ができているかが鍵です。
それを顕著に示しているのが姿勢と体温です。
体温は血液が循環さえしていれば上がると思っている方が多いようです。
体温が上がるのに一番重要なのは『新陳代謝』です。
簡単に言ってしまうと、新陳代謝が活発な状態というのは60兆ある細胞が細胞膜の内と外で栄養を内に取り入れ不要なものを排出することによって体温をあげているのです。
血液が流れていても内と外で酸素や二酸化炭素、栄養素と老廃物を交換しないと
乗降客のいない駅や通過駅と同じように細胞や組織も寂れてしまうのです。
気はこの新陳代謝を盛んにしてくれます。
長年培ってきた1点に刺激とは言えない針先を触れさす方法でも気を調整できていましたが、今行っている指鍼(ゆびばり)という手法は、もっと気を操作させることができるようになりました。
以前よりも体がポカポカ温まるのが早い、症状の取れ方も早いと皆さん感じるようです。
地に足がつき集中力が続いて成績が上がった!

頭がすっきりした。
などの嬉しい感想もいただいています。
滞った気の流れを回復してご自分の治癒力を発揮させ人生を大いに楽しんでください。
はっとり治療院 服部祐三
予約専用03-3523-0086 
PCメール<hattori.chiryouin@gmail.com>

2016年10月11日 (火)

枕元の携帯 危険?

目覚まし代わりに枕元に携帯電話を置いている方

けっこういらっしゃいますが

枕元に携帯を置いて寝るのは止めましょう!

嘘か本当か?

脳みそ弾けますよ

https://youtu.be/GmKfzf2G-bU

2016年5月27日 (金)

手を振る

以前からお教えしていた「手を振る体操」がネットに出ていたので
ご覧ください。

2016年4月28日 (木)

連休中の治療

普段通り 祝日も治療行います。

5月1日 日曜日は定休日。

5月5日 木曜日は都合によりお休みさせていただきます。

ご予約は予約専用電話 03-3523-0086

もしくは

予約メール<hattori.chiryouin@gmail.com>

へお願いします。

2016年1月 6日 (水)

牛乳! 飲むべきか? 飲まざるべきか?

Images_1
「牛乳はカルシウムが多く、健康によい」という常識は、捏造された幻想にしかすぎません。牛乳の蛋白(カゼイン)は胃腸に非常に負担をかけるうえに、消化管でスムーズに処理されず、いろいろな毒素をだし血液を汚していきます。カゼインは粒子が小さいので、腸の機能が弱っている時には腸壁を素通りして血液の中に入ります。この必要としない異質の蛋白質を摂り入れるとアレルギーが増強します。牛乳にはリンがたくさん含まれるため、骨のカルシウムは溶け出しむしろ骨が弱くなります。また骨の問題だけでなく、ぜんそく、鼻づまり、アトピー性皮膚炎、潰瘍性大腸炎などをおこすアレルギー体質になり易くなります。知的障害や言葉の遅れ、意欲の欠如、カルシウム不足により落ち着きが無くなるなど、精神発達面にも害を及ぼすとされています。ガンにもなりやすくなるのです。これらは牛乳の中に入っているホルモン剤や抗生物質の影響をもろに受け、遺伝子組み換えの生体毒は濃縮して牛乳に入ってきます。

<内海聡さんの記事より転載>

「分解酵素がないのに牛乳を飲み続けるとどうなるか。乳類に含まれているカルシウムが吸収できないだけでなく、他の食品から摂取したカルシウムを体外へ排せつしてしまうというデータがすでに1960年代に報告されています。」(島田教授)

ミルクの20%は遺伝子組み換えである。専門用語ではrBGHと言い、小文字のrは、recombinant=組み換え体、 BGHは、牛成長ホルモンである。(略)(ミルクには)IGF-1(インスリン様成長因子1)という天然成長因子が極めて高いレベルで含まれている。これ は天然の成長因子であり、正常な成長を司る因子ではあるが、rBGHミルクを飲むと、この成長因子が異常に高いレベルになってしまう。このミルクを飲む と、IGF-1は消化作用を生き残り、小腸から血液へと簡単に吸収される。IGF-1のレベルが増加すると、乳癌の危険性が増す。我々は、これを示す20件の発表を行っている。また、10件の発表で結腸癌、別の10件の発表で前立腺癌の危険性が増すことを示している。更に問題がある。IGF-1の増加は、 早期の癌に対抗する自然の体の防衛メカニズム(アポトーシス)を阻害するのである。(エプスタイン教授)

2万人の赤ちゃんを検討した統計結果によると母乳のみの子供の死亡率は1000人当たり1.5人だったそうですが、牛乳のみにしたところ1000人当たり84.7人だったそうです。また複数の病気の原因にもなっていることを指摘しており、たとえば多発性硬化症で死亡した26000人のアメリカ人の地理分布や様々な因子の関係を調べたところ、牛乳消費量と最も密接な関係が認められたとしています。(フランク・オスキー)

市販の牛乳には女性ホルモン(卵胞ホルモン<エストロジェン>と黄体ホルモン<プロジェステロン>)が多い。クリーム・バター・チーズなどの乳製品はさらに高濃度の女性ホルモンを含んでいる。牛乳中の女性ホルモンと後で述べるインスリン様成長因子が、現在日本で増えている乳がん(女性)と前立腺がん(男性)の大きな原因と考えられる。

乳糖不耐症者(牛乳を飲まない)と一般人(牛乳を飲む)の間で肺がん・乳がん・前立腺がんの発生率を比較する研究。牛乳を飲まない乳糖不耐者には肺がん(男女)、乳がん、卵巣がんが少ないという結果であった

*Ji J, Sundquist J, Sundquist K. Lactose intolerance and risk of lung, breast and ovarian cancers: aetiological clues from a population-based study in Sweden. Br J Cancer 2015;112:149-52.

プラント教授は「中国人に乳がんが少ない」「中国人は乳製品を食べない」という素朴な事実から、直感的に「乳がんは乳製品によって起こる」という仮説を導き、厖大な文献考察によってその仮説を検証した。ただし、プラント教授の「牛乳−乳がん」説の中核をなす物質はエストロジェンではなく、乳・乳製品に含まれているインスリン様成長因子1(IGF-1)である。

イギリス・シェフィールドで行われた研究によると、1日当たり平均486mlの牛乳を18か月飲んだ12歳の女の子(44名)の血中IGF-1濃度は160mlの牛乳を飲んだ同年齢の女の子(38名)に比べて10%高かった*2。また、モンゴル・ウランバートルの46名の学童(10-11歳)に1日710mlのアメリカの超高温殺菌の市販牛乳を飲ませたところ、血液中IGF-濃度が290・9から358・3nmol/mlへと23%上昇した。

日本で市販されている牛乳が、DMBA誘発乳腺腫瘍(腺がん)に対して強い発生促進作用をもつことが、ラットを用いる動物実験で確認されている。DMBA(7,12-ジメチルベンズアントラセン)は強力な発がん化学物質で、雌ラットに高い割合でエストロゲン依存性の乳腺腫瘍を発生させる。動物実験だから確証にはならないが。

*1Qin LQ, Xu JY, Wang PW, Ganmaa D, Li J, Wang J, Kaneko T, Hoshi K, Shirai T, Sato A. Low-fat milk promotes the development of 7,12-dimethylbenz(a)anthracene (DMBA)-induced mmammary tumors in rats. International Journal of Cancer 110: 491-496, 2004.

なお、牛乳のDMBA-乳がん発生促進作用は他の研究者によって追試・確認されている*2。
*2Ma DF, Katoh R, Zhou H, Wang PY. Promoting effects of milk on the development of 7,12-dimethylbenz(a)anthracene (DMBA)-induced mammary tumors in rats. Acta Histochem Cytochem 40:61-67, 2007

男性の前立腺がん・精巣がん、女性の卵巣がん・子宮体部がんの発生に乳・乳製品が大きく関与しているという報告。
*1Ganmaa D, Li XM, Wang J, Qin LQ, Wang PY, Sato A. Incidence and mortality of testicular and prostatic cancers in relation to world dietary practices. International Journal of Cancer 98: 262-267, 2002.
*2Ganmaa D, Sato A. The Possible role of female sex hormones in milk from pregnant cows in the development of breast, ovarian and corpus uteri cancers. Nedical Hypotheses 65: 1028-1037, 2005.

Fully Shared from Satoru J.P. Utsumi (JP=Jean-Paul)


 

» 続きを読む

2015年12月24日 (木)

年末年始 治療のお知らせ

  •   12月30日(水)  午前のみ治療

        31日(木)  休診
     1月  1日(金)
         2日(土)
         3日(日)

                  
4日(月)  治療開始


    ※急用等はhattori.chiryouin@gmail.com にお名前と携帯番号をメールください。
      折り返しご連絡いたします。

2015年1月 7日 (水)

あけましておめでとうございます

旧年中は格別のご愛顧とご支援を賜り、
誠にありがとうございました。
皆様のご支援・ご紹介のお陰で、今年も無事に 新年を迎えることが出来ました。 本年も皆様のお役に立てるよう努力して まいりますので、変わらぬご愛顧のほど、 何卒、宜しくお願いいたします。

» 続きを読む

2014年11月18日 (火)

12月・1月 休診日のお知らせ

12月・1月 休診のお知らせ

                                                                                     
 

12

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 

 
 

1

 
 

2

 
 

3

 
 

4

 
 

5

 
 

6

 
 

7

 
 

8

 
 

9

 
 

10

 
 

11

 
 

12

 
 

13

 
 

14

 
 

15

 
 

16

 
 

17

 
 

18

 
 

19

 
 

20

 
 

21

 
 

22

 
 

23

 
 

24

 
 

25

 
 

26

 
 

27

 
 

28

 
 

29

 
 

30

 
 

31

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 

 

                                                                                     
 

1

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

1

 
 

2

 
 

3

 
 

4

 
 

5

 
 

6

 
 

7

 
 

8

 
 

9

 
 

10

 
 

11

 
 

12

 
 

13

 
 

14

 
 

15

 
 

16

 
 

17

 
 

18

 
 

19

 
 

20

 
 

21

 
 

22

 
 

23

 
 

24

 
 

25

 
 

26

 
 

27

 
 

28

 
 

29

 
 

30

 
 

31

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

» 続きを読む

2014年10月 3日 (金)

最近我が家周辺は?

あまりニュースにはなっていませんが

ご自宅や学校生活環境周辺の放射能ってどうなっているんだろう?
と思われた方
こちら放射線モニタリング情報をご覧ください

2014年9月27日 (土)

15年間の難聴が改善!!!

耳鳴りや難聴は、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感の中でも治療が難しいほうの感覚です。

数日前に初診でいらした高齢の患者さん、15年前から片耳は長年通院している耳鼻科の先生に「鼓膜も振動していない」診断されていたそうです。今年になったもう片方の耳も聞こえが悪くなって困っていらしたところ当院の患者さんに紹介され来院されました。
初回の治療前は15年来の難聴サイドは音叉による気導聴力検査も骨導聴力検査も

2014年8月 2日 (土)

指輪が外れない・・

治療の際に貴金属を外してくださいとお願いしてましたが
「指が太くなって外れません」という方には、
以前まではお近くの消防署に行って専用のカッターで切ってもらってくださいと
お願いしていました。
結婚指輪などは切るのが忍びないと仰る方も居られます。

最近知った方法ですと指輪を切らずに外せるようです!
ぜひお試しください。

http://youtu.be/7aYgJT1W38M

http://youtu.be/cIMNfqRXwM8

http://youtu.be/8zwv6w61OnE

http://youtu.be/ZVlZSskSAnA

 

2014年3月14日 (金)

死ぬまで元気に生きポックリと笑顔の中で逝く。

死ぬまで元気に生き、人間の自然の力を使って、ポックリと笑顔の中で逝く。
とっても良い記事をシェアします。

facebook内海聡https://www.facebook.com/satoru.utsumi

「抗がん剤や放射線をした場合の最期が、必ず痛むかどうかはわかりません。しかし、治療をしなかった人は痛まなかったということだけは言えます」

大往生したいなら医療にかかるなの中村医師の言葉。この人の言葉はクサイが、語っていることは私も結構同意している。この本は良著だよ。医師がみんなこうなら、医療批判も減るのにね。

自然死とは餓死なんです。もう死に時がきているから欲しくない。おなかが空かない、のどが渇かないから餓死なんだけど、全然本人にとっては、普通のことな んですね。自然の流れなんです。しかも飢餓状態っていうのは、頭の中から「エンドルフィン」というモルヒネみたいな物質がでるらしい。気持ちよくなるらし い。まどろみの中で、この世からあの世へ移っていくのが実は死ぬっていうこと。

人様には強要はしませんが繁殖を終えた人はもうそろそろ、考えた方がいいのではないかと。

中村医師は京都大学医学部を卒業後、内科医として京都の民間病院に勤務。介護保険が始まった平成十二年から、京都にある社会福祉法人老人ホーム「同和園」 附属診療所の常勤医となる。「同和園」に来るまでは中村医師も「がんの末期の痛みをとるためには、麻薬を使うのが当たり前」と考えていたという。

「病院に勤務している頃は、胃がん、直腸がん、肺がん、肝臓がんなど、色々ながんを診てきましたが、大なり小なりの差こそあれ、患者さんはみなはっきりと 痛みを訴えていました。そして痛みを訴える人には必ず麻薬を使う。それが常識だったのです」その常識が「同和園」に来て大きく覆されてゆく。

実際に「同和園」では、こんなことが起こっていた

◎52人全員が痛みがなかった

「このホームには麻薬をおいていなかったので、いくところまでいって、痛みが出たら病院に送ろうと考えていました」
しかしそれは杞憂に終わった。病院でなんの治療もせずにホームに戻った山川さんは、痛みを訴えるどころか、コールタールのような黒い便が普通の便に変わ り、食事ももりもり食べるようになった。血液検査をしたところ、貧血も改善し、正常の域に達していった。その後も痛みが出ず、外出するなど普通の生活をす ることができるまで回復したという。病院からは、余命はせいぜい二~三ヵ月と言われた山川さんは結局、一年近くも普通の生活を続け、最後まで苦しむことな く安らかに亡くなったというのだ。

◎人間には“自然緩和力”がある

そうした事例を知るまでは、筆者も、がんに限らず死ぬときは苦しいものと考えていた。だが、取材を続けていくと、「自然な最期」は驚くほど安らかなもので あり、医療に頼らなくても痛みを感じないという“事実”を知るようになった。そんな例をいくつも見ていくうちに、筆者はある確信を得るようになる。

だが現在、この“自然緩和力”が使われることはほとんどない。中村医師が言う。「病気ではない“死”に対して、医療が過度に介入するから、人間の本来持っ ている力が生かされてないのです。人間の持っている自然な力を無駄な医療が邪魔しているのです。医療の本来の役割とは、人間が持っている自然の力を最大限 発揮させることなのです」

二人に一人ががんにかかり、三人に一人ががんで死ぬと言われている時代である。治療法は進化し、多種多様になっている。どの治療法を選ぶか悩む人も多いこ とだろう。だが、そんなときに、「何もしないで完全放置する」という選択肢もあるのではないだろうか。これだけの多くの人が、全く苦しむこともなく、安ら かに亡くなっているという“事実”があるのだから。

» 続きを読む

2014年3月13日 (木)

改めて「放射線の正しい測り方」

<script type="text/javascript" src="http://p.booklog.jp/book/30823/badge/m" charset="utf-8"></script>

2014年1月27日 (月)

また嬉しい治療後の感想を書いていただきました!

松岡美絵さんのブログより転載
http://pianoblog.exblog.jp/20280828/

『その後は いつもの先生に身体の治療をして頂き、すっかりリフレッシュ。
帰宅後、ピアノを弾いたら…昨日まで聴こえなかったハーモニーが見えてきたり、フレーズがクッキリしたり…目からウロコの連続。
今だ‼︎と、娘の叫び声を無視して(笑)一瞬の集中。 』

プロの音楽家だからこそ体の少しの変化が音の変化へと気づいていただけるのですね。
三十数年治療に携わっていますが、体って本当に不思議です。

2013年12月24日 (火)

年末年始治療のお知らせ

年の瀬も押し詰まり、ご多用のことと存じ上げます。
誠に勝手ながら、年末年始の治療は下記のとおりとさせていただきます。
今年一年ご愛顧を賜りまして大変感謝申し上げますとともに
皆様のご多幸とご健康を心よりお祈りいたします 。        

    

年内 平成25年12月30日(月)12:00まで
    年始 平成26年 1月 4日(土) 9:00より
治療開始します。

 また年末年始休日中に急な腰痛等で治療ご希望の方は携帯メールもしくは携帯にご連絡下さい。 できる限り対応させていただきます。

2013年9月18日 (水)

測定器をお持ちのかたに

http://p.booklog.jp/book/30823

ガイガーカウンターは、専門的な分野の特殊な機械なので、扱いがとても難しいものです。
正しい位置で正しい測り方をしないと、正しい数値が測れません。
2011年6月11日、GCM(ガイガーカウンターミーティング)で野尻美保子先生の行った説明を、鈴木みそが漫画化したものです。

※この作品はパブリックドメイン(著作権フリー)ですから、コピーも配布も自由です。
転載の許可も必要ありません。(ただし内容を改変しないでください)        

検出限界値0.5ベクレル以下という極めて厳しい検査基準

の醤油とお味噌などが手に入るそうです。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-863.html

はっとり治療院から徒歩7分ぐらいにある

ナチュラル・ハーモニーさんでも

放射性物質セシウム(Cs-134・137)各1~3Bq/kg以下不検出を確認して出荷致します。

主食であるお米は、1Bq/kg以下不検出のもののみお届けしております。

http://www.naturalharmony.co.jp/index.html

http://www.naturalharmony.co.jp/rs_shop/index.html

2013年9月14日 (土)

このまま見過ごしていいのですか?

あながた、私が、家族が、

いつ逮捕されるかわからない法律が制定されようとしています。

反対の声を9月17日火曜日までに

政府に届けましょう!

詳しくは以下をご覧ください。

(日本弁護士連合会HPより転載 http://www.nichibenren.or.jp/activity/human/secret/about.html

秘密保全法制について多くの人に知ってもらうために、絵本作家の五味太郎氏にご協力いただき、分かりやすいパンフレット・チラシを作りました。

是非ご覧ください。

PDFエッ!これもヒミツ?あれもヒミツ!あなたも「秘密保全法」にねらわれるQ&A(PDFファイル;3716KB)

PDFいま、「秘密保全法」案が国会に提出されようとしています!(PDFファイル;515KB)

» 続きを読む

2013年8月13日 (火)

広島平和式典でのオリバーストーン監督のスピーチ

政治家を選ぶ基準をどこに据えるかもう一度考えないとね。

http://ameblo.jp/eva-omega/entry-11591140646.html

2013年8月10日 (土)

ここ最近の治療

1980年に開業以来、「最小の刺激で最大の効果を!」を追及してきましたが

ここにきて新たな段階へ進めました。

それは鍼を刺すのではなく

人が持つエネルギーを使い経穴に刺激する

古くからある手法・指鍼(ゆびばり)です。

ま、もともと鍼を刺すというより皮膚に針先を触れさせる程度の刺激でしたが

さらに物理的刺激は少なくなりました!

しかしながら今までより一段と治療効果が高まっています。

是非ご自身の体で体感してみてください。

夏季休暇のお知らせ

特別にお休みはありません。

ご予約のお電話お待ちしています。

日中暑いので時間外をご希望の方ご相談ください。

暑い日の生ビール美味しいですね・・(笑)

2013年7月18日 (木)

投票に行きましょう♪

私は山本太郎氏を応援します。

原発推進・TPP・改憲には反対です。

あなたは?

どの政党が?と思ったら下記をご覧ください。

choice_ver03.pdf(2.9MB)

1001357_10200206558710422_100879383

2013年7月10日 (水)

嬉しいコメントいただきましたので転載させていただきます。

Facebookに嬉しいコメントいただきました。

Facebookをご覧になれないかたのために転載させていただきます。

Fb

山川先生ありがとうございます。

2013年7月 8日 (月)

お時間ある方ぜひ♪

新日本フィルの室内楽のご案内

Resize3292

2013年7月 3日 (水)

三郷でコンサート

今年も三郷でコンサートです。お近くの方は是非どうぞ!

Resize3222

2013年4月24日 (水)

連休中の治療

<連休中の診療日のお知らせ>
   
 
4月28(日)29(月)5月6(月)休診させていただきます。
 
 4月30(火)~5月5(日)は平常通り診療します。
 

2013年4月 9日 (火)

なんとなくフワフワしている?

検査をするほどでもない。

検査をしても以上はない。

病気じゃないけどなんとなく不調が続いている。

朝起きてもすっきりしない、ダルイ。

» 続きを読む

2013年3月27日 (水)

花粉症

今年は花粉が大量発生!花粉飛散量昨年に比べて多いと言われていますが、ここ最近お見えの患者さんは「今年は例年に比べて楽です。先日も薬を飲むの忘れて外出しても目も鼻もぜんぜん大丈夫でした。今は薬飲んでいません。」と何人かの方から同じような嬉しい報告を頂いています。

2013年3月13日 (水)

ご一読ください

癌と戦うなで有名な近藤誠先生の本「医者に殺されない47の心得」
---病院に行く前に、かならず読んでください

» 続きを読む

2013年3月 7日 (木)

調べてみましょう♪

あなたの飲んでるお薬は大丈夫ですか?
注射のお薬、ワクチン
本当に安全なのかな?と思ったら
ご自分で調べてみましょう♪

「医薬品医療機器情報提供HP」
http://www.info.pmda.go.jp/


本当ですか?

新型インフルエンザワクチンはペットの去勢・避妊効果のあるものとして開発されたアジュバントを利用して作られている?
弁護士 南出喜久治さんのスピーチ
http://www.youtube.com/watch?v=a-C_Xfi58jE
220723子宮頚がん予防ワクチンの危険性(全文PDF版)
http://kokutaigoji.com/teigen/pdf/220...
220723公開質問状 その一(全文PDF版)
http://kokutaigoji.com/teigen/pdf/220...
緊急提言
http://kokutaigoji.com/teigen.html

2013年2月27日 (水)

ご覧になっておいて損はないホームページです

うつや不安神経症のような精神疾患の方が近年増えてきています。
問題なのはお医者さんがあまりにも簡単に精神安定剤や入眠剤などを
投薬しすぎなのではと感じ少し調べていたら内海聡先生が書いた
「大笑い!精神医学」「精神科は今日も、やりたい放題」という本にたどり着きました。
前著の四コマまんがを書いている「めんどーささんのホームページ」は本の内容に加え
いろいろ参考になる情報がでていますのでお時間があるときにでもご覧ください。

2013年2月19日 (火)

コンビニ弁当を豚に与え奇形・死産続出

怖いですね!
西日本新聞社発行のブックレット「食卓の向こう側」によれば、福岡県内の養豚農家で、あるコンビニの弁当やおにぎりを母豚に毎日3キロずつ与えたところ、奇形や死産が相次いでいたことが分った。

詳細はこちら
http://squashnews.doorblog.jp/archives/19452964.html

ワクチン お読みください

インフルエンザ流行っていますので
ワクチンをどうしましょう?とお悩みの方もなかにはいらっしゃいますが・・・
ちょっと待ってください。長文ですがご一読いただいてからにしませんか?!

ワクチンのすべて

賛同者一覧:あなたと子供たちを守ることに賛同した医師、看護師、科学者たち

Nicola Antonucci, MD Todd M. Elsner, DC Alexander Kotok, MD, PhD Máximo Sandín, PhD
David Ayoub, MD Jorge Esteves, MD Eneko Landaburu, MD Len Saputo, MD
Nancy Turner Banks, MD Edward "Ted" Fogarty, MD Luc Lemaire, DC Michael Schachter, MD
Timur Baruti, MD Jack Forbush, DO Janet Levatin, MD Viera Scheibner, PhD
Danny Beard, DC Milani Gabriele, CRNA, RN Thomas Levy, MD, JD Penelope Shar, MD
Françoise Berthoud, MD Sheila Gibson, MD, BSc Stephen L'Hommedieu, DC Bruce Shelton, MD, MD(H)
Russell Blaylock, MD Mike Godfrey, MBBS Paul Maher, MD, MPH Debbi Silverman, MD
Fred Bloem, MD Isaac Golden, ND Andrew Maniotis, PhD Kenneth “KP” Stoller, MD
Laura Bridgman, FNP, ND Gary Goldman, PhD Steve Marini, PhD, DC Terri Su, MD
Kelly Brogan, MD Garry Gordon, MD, DO, MD(H) Juan Manuel Martínez Méndez, MD Didier Tarte, MD
Sarah Buckley, MD Doug Graham, DC Sue McIntosh, MD Leigh Ann Tatnall, RN
Rashid Buttar, DO Boyd Haley, PhD Richard Moskowitz, MD Adiel Tel‐Oren, MD, DC
Harold Buttram, MD Gayl Hamilton, MD Sheri Nakken, RN, MA Sherri Tenpenny, DO
Lisa Cantrell, RN Linda Hegstrand, MD, PhD Christiane Northrup, MD Renee Tocco, DC
Lua Català Ferrer, MD James Howenstine, MD Amber Passini, MD Demetra Vagias, MD, ND
Jennifer Craig, PhD, BSN, MA Suzanne Humphries, MD Ronald Peters, MD, MPH Franco Verzella, MD
Robert Davidson, MD, PhD Belén Igual Diaz, MD Jean Pilette, MD Julian Whitaker, MD
Ana de Leo, MD Philip Incao, MD Pat Rattigan, ND Ronald Whitmont, MD
Carlos de Quero Kops, MD Joyce Johnson, ND Zoltan Rona, MD, MSc Betty Wood, MD
Carolyn Dean, MD, ND A. Majid Katme, MBBCh, DPM Chaim Rosenthal, MD Eduardo Ángel Yahbes, MD
Mayer Eisenstein, MD, JD, MPH Tedd Koren, DC Robert Rowen, MD
ここに署名いただいたのは、小児科医、ホームドクター(一般開業医)、脳外科医、病理学者、化学者、生
物学者、免疫学者など、幅広い分野で活躍している方々です。いずれも、独自に本物の科学を追求した結
果、この文書に記載されている結論に到達した方々です。MD、DO、MB、MBBChという肩書きは、すべて医
学博士であることを意味します。NDは、医学の教育を受けたことを意味し、一部の地域では医師免許を与
えられています。FNP(ファミリー・ナース・プラクティショナー)は、一般医療を行う上級看護師を意味します。
どうして医者はいろんな病気の原因を発見できないのだろうかと不思議に思ったことはありませんか? そ
れは医者が、病気とワクチンの関係を知ることがないように「条件付け」されているからです。以下は、ワク
チンと関係があることが立証されている病気です。
• アレルギーとアトピー性皮膚炎
• 関節炎
• ぜんそく
• 自閉症
• 乳幼児にプロトンポンプ阻害薬(さまざまな副作用あり)の投与が必要となる胃酸の逆流
• ガン
• 糖尿病(乳幼児、児童)
• 腎臓の病気
• 流産
• さまざまな神経疾患と自己免疫疾患
• 乳幼児突然死症候群(SIDS)
• 他にも、まだまだあります。
以下は、ワクチンの副作用として知られているもので、医学で立証済であり、一部は医薬品の添付文書に
記載されています。
• 関節炎、出血性障害、血液凝固、心臓発作、敗血症
• 耳感染
• 失神(骨折を伴うものあり)
• 透析療法を必要とする腎機能障害
• 発作・てんかん
• じんましん、アナフィラキシー(過敏症)など重症のアレルギー反応
• 突然死
• 入院を要すると診断される多くの症状
• 米国ワクチン被害補償制度(NVICP)は、ワクチンの被害を受けた子供・成人の損害に12億ドル以上を給
付しました。
自閉症はワクチンと関係がある
..
• B型肝炎ワクチンとHiB(髄膜炎)ワクチンが導入され、大規模なワクチン接種計画が加速した1991年ま
では、自閉症は稀でした。子供にこうしたワクチンを接種した直後に自閉症が現れたことを証言できる親
が何万人もいます。
• ウェブサイト http://www.fourteenstudies.org/ で情報を知ってください。自閉症とワクチンの関連性を
否定する研究は、極めて疑わしいことがわかってもらえるでしょう。
製薬会社、保険会社、医療体制は、あなたの病気で豊かになる
• ワクチンは生涯にわたって免疫を付与するわけではないため、追加接種が推奨されています。
• 追加接種をするたびに、副作用のリスクが高くなります。
• ワクチンの副作用により、あなたは残りの人生を病気で過ごすことになりかねません。都合の良いことに、
ワクチンの副作用を治療する薬が多く存在します。
• 米国では、ワクチンで何か悪いことが起きても、製薬会社や医者を訴えることはできません。いずれも「1
986年・児童ワクチン被害法」で保護されています。当時のロナルド・レーガン大統領が署名・発効したこ
の法律では、「ワクチンのメーカーは、ワクチンに関連する傷害や死亡から発生した損害の補償を求め
る民事訴訟において、法的な責任を負うことはない」(一般法律99-660)と定められています。

医者など医療従事者の多くはワクチンを接種しておらず、自分の子供にもワクチンを接種していませんが、
それは何故でしょうか?
• ワクチンの安全性や効果が証明されていないことを知っているからです。
• ワクチンには、危険な物質が含まれていることを知っているからです。
• ワクチンが健康上の深刻な問題をひきおこすことを知っているからです。
• ワクチンで深刻な副作用を受けた患者を治療した経験があるからです。
健康で利益を得るのは、あなた自身とあなたの大切な人たちだけ
• 製薬会社は、医学部、医学情報誌、病院、診療所、地元の薬局など、医療体制全般に浸透し、支配力を
確保しています。こうして医者は、ワクチンについていかなる疑念も抱くことなく盲信することで生計をた
てています。医者は、ワクチンの被害の明確な実例を目の当たりにしていながら、その原因がワクチン
だと考えようとしないのが通常です。金権腐敗していない科学・医学では、ワクチン拒否を支持していま
すが、それは地位も仕事も失う自殺行為であると思われています。この文書に署名した人々は、あなた
と子供の安全のために、勇敢にもそのリスクを冒しているのです。
• 病院は、入院と検査で金銭的な利益を得ています。
• 製薬会社は、ワクチンで何十億ドル(何千億円)も儲けています。
• 製薬会社は、ワクチンにより発生した副作用と生涯残る病気の治療薬で、何百億ドル(何兆円)も儲けて
います。
• ワクチンは、医療体制の大黒柱です。ワクチンがなければ、社会全体が健康になり、医療コストは下が
るでしょう。私たちは、水疱瘡の代わりに自閉症を、インフルエンザの代わりにぜんそくを、耳感染の代
わりに糖尿病を手に入れました。まだまだ他にもたくさんあります。比較的良性のそれほど種類も多くな
い病原菌を撲滅しようと夢中になった末に、私たちは、一過性の病気の代わりに、生涯続く病気・機能障
害を手に入れてしまいました。

ワクチンは何種類あるのか?
• 米国の子供がすべてのワクチンを受けると、最大35回の接種を行うことになります。それには113種類
の病原粒子、59種類の化学物質、4種類の動物細胞・DNA、中絶胎児の細胞から取り出した人間のDN
A、人アルブミンが含まれています。
• あなたの子供はもう大きいので、ワクチンの心配をすることはないと思っておられるなら、考え直して下さ
い。少なくとも20種類のワクチンが、今後数年内に提供される予定で現在開発の途上にあります。その
多くは、青年層や成人を標的にしています。
ワクチンの成分の紹介:これでもワクチンは身体に有害でないのでしょうか?
• ワクチンの材料である動物細胞の培養で生じた細菌や野生のウィルス。
• 水銀は、神経毒であることが十分に立証されていますが、依然として世界中のインフルエンザ・ワクチン
(複数回接種タイプ)に入っています。その他のワクチンにも、微量の水銀が残留しているものがありま
す。
• アルミニウム。骨、骨髄、脳の変性を起こす可能性のある毒です。

利害の衝突
• ワクチンに関する法律や政府勧告を作成する立場の人々が、ワクチンの売上から利益を得ています。
たとえば、ジュリー・ガーバーディング博士は8年間CDC(疾病予防管理センター)長官を務め、現在はメ
ルク社ワクチン事業部の社長となっています。ポール・オフィット博士はACIP(ワクチン接種に関する諮
問委員会)のメンバーですが、自らワクチンを開発し、特許を保持しています。
• CDCによれば、米国の平均的な規模の小児科医院(医師10名体制)は、10万ドル相当以上のワクチン
を在庫に抱え、売ろうとしています。これらの医師は外来診療、子供たちへのワクチン接種、さらにその
後の反応をみる再診で儲けています。
• 報道によれば、米国の小児科医は、患者へのワクチン接種率を高く維持することでHMO(保険維持機
構)から年4回ボーナスを受け取っており、接種率が下がると保険会社から叱責されるそうです。

ワクチン接種/未接種の子供の相違を比較した研究はあるのでしょうか?
自閉症の研究・治療団体ジェネレーション・レスキューは、カリフォルニア州とオレゴン州で、子供を持つ親
を対象に、ワクチン接種/未接種を比較する調査を行ないました。対象となった子供の数は17,674名で、
結果は以下の通りです。
• ワクチンを接種した子供のぜんそく罹患率は120%増
• ワクチンを接種した男児のADHD罹患率は317%増
• ワクチンを接種した男児の神経疾患罹患率は185%増
• ワクチンを接種した男児の自閉症罹患率は146%増
女児は調査対象のうちわずか20%でした。調査結果の詳細は http://www.generationrescue.org/pdf/
survey.pdf でご確認いただけます。ワクチン接種をしていないアーミッシュ(訳注:米国のドイツ系移民か
らなる宗教集団。移民当時の生活様式を保持し、ワクチン接種をしないことで知られる。)の子供の自閉症
罹患率が低いという報告は http://www.vaccinationcouncil.org/quick‐compare‐2/ にあります。自
閉症に関するその他の研究については http://childhealthsafety.wordpress.com/2009/06/03/japva
xautism/や http://childhealthsafety.wordpress.com/2010/02/08/britvaxautism/ をご覧ください。

米国でワクチン接種を拒否するには
• あなたにもワクチン接種を拒否する権利があります。行使しましょう。
• 公立学校の通学にワクチン接種は必須ではありません。
• すべての州で望まないワクチン接種の拒否権を行使できます。http://exemptmychild.com/10752
• ワクチン接種をしないという選択を認め、尊重する医療機関を以下のサイトで見つけましょう。http://w
ww.vaccinationcouncil.org/providers.pdf
多くの人が健康と安全のためワクチンを拒否しています
• ホリスティック療法士、カイロプラクター、子供を学校に通わせず家で教育する親、特定の信仰を持つ人
など、一般的にワクチンを接種しない人。
• ワクチンを接種しない子供が健康であるという親の証言は、インターネット上に何千件と見られます。
• ワクチン接種をするかしないかは、あなたと配偶者/パートナーが決めることです。他の誰も知る必要
はありません。他の家族も、近所の人も、親戚も無関係です。
いきいきと健康であるためには、率先して新しいことを学ぶ必要があります
• 安全な選択は、ワクチン接種をしないことです。あなた自身や子供たちの健康をコントロールできるから
です。ワクチン接種によって何が起きるか、あなたにはコントロールできません。
• 身長・体重を測ったり、注射を打つだけなら、小児科医は必要ありません。自然療法師、小児向けカイロ
プラクター、東洋医学師、ホメオパシー医にかかることも考えてみましょう。かかりつけが整骨医ならば、
ワクチンを接種しないことにより理解があるかもしれません。
• 赤ちゃんは強力な防衛機能を持って生まれてきます。そうでなければ、生まれてすぐ死んでしまうでしょ
う。膨大かつ複雑な免疫作用が、産声をあげた瞬間から働いています。この免疫は有毒物質の注射に
よって阻まれることなく、自然に発動されるべきなのです。
• 「ワクチンで予防できる病気」について学びましょう。子供たちが感染するおそれがあるものはほとんど
ありませんし、かかったとしても、健康でワクチンを接種していない子は、長期にわたる免疫によって、ほ
ぼ全員が無事に回復します。健康は注射針からもたらされるものではありません。
• 発熱の重要性について学びましょう。家庭でどのようにケアするか、どんな場合に医師の助けが必要か
を知りましょう。ほとんどの熱は、適切なケアをすれば2~3時間で自然にさがります。http://www.drte
npenny.com/fever.aspx
• ワクチンを接種しても、その病気にかかる可能性があることを理解しましょう。ワクチンは、期待される予
防力を発揮しないかもしれないのです。健康は注射針からもたらされるものではありません。
• 健康のために重要なのは、適切な栄養、良質な水、十分な睡眠、運動の習慣と心の充足であることを知
りましょう。
• ビタミンの基礎知識を学びましょう。特に、ビタミンD3は重要です。基本的なハーブやホメオパシーを使っ
て健康を維持したり、ちょっとした病気に対処する方法を学びましょう。
• 医師よりワクチンに詳しくなりましょう。おそらく医師は、製薬会社やCDCの後援を受けたワクチンを推奨
する書籍しか読んでいません。
• 健康のケアにこそお金をかける価値があることを知りましょう (病気のケアには保険がききます。薬や
ワクチンの代金は保険が払ってくれます)。
• だから、健康に投資しましょう。体が資本です。
さらに詳しい情報(ウェブサイト)
• International Medical Council on Vaccination (free webinars) www.vaccinationcouncil.org
• Example IMCV regional sites www.imcv‐wi.org, www.imcv‐me.org
• Dr. Sherri Tenpenny www.drtenpenny.com, Facebook www.facebook.com/vaccineinfo
• ThinkTwice Global Vaccine Institute www.thinktwice.com
• Vaccination Liberation www.vaclib.org
• U.S. doctors who don’t vaccinate www.novaxdoctors.webs.com
• Holistic Moms www.holisticmoms.org
• Moms Like Me www.momslikeme.com
さらに詳しい情報(書籍)
• Saying No To Vaccines – Sherri Tenpenny, DO
• Make an Informed Vaccine Decision For the Health of Your Child – Mayer Eisenstein, MD, JD, MPH
• Vaccines: Are They Really Safe and Effective? – Neil Miller
• Child Health Guide – Randall Neustaedter
• Childhood Vaccinations: Questions All Parents Should Ask – Tedd Koren, DC
• How to Raise a Healthy Child in Spite of Your Doctor – Robert Mendelsohn, MD
• Jabs, Jenner and Juggernauts – Jennifer Craig, PhD, BSN, MA, Dhom
• Natural Alternatives to Vaccination – Zoltan Rona, MD
• The Crime of Vaccination – Tenison Deane, MD
• The Sanctity of Human Blood: Vaccination is Not Immunization – Tim O’Shea, DC
• Vaccination – Gerhard Buchwald, MD
• Vaccination: 100 Years of Orthodox Research – Viera Scheibner, PhD
医学博士(MD、DO、4yr ND)、カイロプラクティック医、従来型・ホリスティックを問わず医療に従事される方
で、今後、この文書の改訂版に賛同していただける方、我々の活動に参画していただける方は、電子メー
ル sayno@vaccinationcouncil.org までご連絡下さい。
International Medical Council on Vaccination
www.vaccinationcouncil.org www.facebook.com/vaccinationcouncil
2011年2月1日
(日本語訳 : 為清勝彦、渡辺亜矢)
(Japanese Translation by Katsuhiko Tamekiyo & Aya Watanabe)

2013年2月14日 (木)

安心な野菜について

枯れる野菜ってなに? 腐る野菜?

http://www.naturalharmony.co.jp/trust/yasai-miwakekata/index.html?gclid=CODBsvfUtLUCFYFepQod6QsAWg

はっとり治療院からも歩いて6・7分のところにお店があります。

食べ物

http://www.youtube.com/watch?v=_Lp0SE8b3zc&feature=share&list=PL27489DE1B461706A

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/_Lp0SE8b3zc?list=PL27489DE1B461706A" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

2012年12月14日 (金)

年末年始診療のお知らせ

年の瀬も押し詰まり、ご多用のことと存じ上げます。
誠に勝手ながら、年末年始の診療は下記のとおりとさせていただきます。
今年一年ご愛顧を賜りまして大変感謝申し上げますとともに
皆様のご多幸とご健康を心よりお祈りいたします 。        

    

年内 平成24年12月29日(土)16:00まで
    年始 平成25年 1月 4日(金) 9:00より治療開始します。

※12月24日(月)は診療いたしますので、ご希望があれば早めにご連絡下さい。

 

※また年末年始休日中に急な腰痛等で診療ご希望の方は携帯メールもしくは携帯にご連絡下さい。
 できる限り対応させていただきます。

                          はっとり治療院  服部祐三

2012年8月16日 (木)

焼き塩効果!

嬉しいお話をお伺いしました。

昨日来院していただいた患者さんのお一人
某著名ピアニストさん曰く「焼き塩始めてから指の動きが格段に良くなって若いころに戻った」そうです。
もし指の動きが最近とお悩みの方、ぜひお試しください。

過去記事:焼き塩 http://hattoriacupuncure.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-916a.html

テネモス http://www.tenemos-ier.org/pg51.html

2012年4月24日 (火)

嬉しいお知らせいただきました

先週の火曜日に初めて来院された方、翌々日の本番終了後に「肩の痛みも無く演奏できました!」と喜びのお電話を頂きました。
治療後の治癒はご本人の身体次第とはいえ、やはり本番が控えているとなるとこちらも気になっていますので、こういうご連絡いただけるのは本当に嬉しいことですね。

ゴールデンウイーク中の治療についてお知らせです

5月1日(火)、2日(水)は平常通り診療です。
4月30日(月)、5月3日(木)、4日(金)、5日(土)は祝祭日ですが
平常通りの時間帯で診療いたします。
しかしながら、連休中は予約状況により早仕舞いすることもありますので
ご希望があれば、早めにご予約の連絡をお願い致します。

2012年3月23日 (金)

最近の京都大学原子炉実験所助教 小出裕章さんYouTube

http://www.youtube.com/watch?v=HGzJZKweaeQ&feature=colike

http://www.youtube.com/watch?v=PQXDlWOk62E&feature=colike

2012年3月22日 (木)

国会移転を!

以前話題になった首都機能移転を今こそ行動に移しませんか?

国会や国会活動に関連する行政の中枢機能及び司法の中枢機能を福島地域に移したらいかがでしょう!

衆議院や参議院、議員宿舎、政府の中枢機能、最高裁判所等を福島地域に移転することで福島で避難を余儀なくされている人々の土地を買い上げることができます。

具体的にどの機関が移転対象となるかは決まっていないようですが、現在の中央省庁のほとんどすべての機能が移転することになれば、もう少し迅速で活発な復興が行われるでしょう!

皆さんはどう思います。賛成ですか?反対ですか?

やはりもう一度考えよう!

<iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/4gFxKiOGSDk" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

http://youtu.be/4gFxKiOGSDk

2012年3月 8日 (木)

「般若心経の科学」の初版を読み返してました。

『般若心経』天外伺朗意訳 

 

観音様がね……。

観察している対象と一体感を感じるための

トレーニングにはげんでいたらね。

宇宙全体がひとつに溶け合っている「あの世」の実体に触れたとさ。

そうしたら、自分の身体も精神活動も、

すべて「あの世」では全体の中に溶け込んでいることがわかり、

今までさんざん悩んできた、一切の苦しみや災難にも、

しっかりと対応できるようになったとさ。

 

シャーリプトラよ、よくお聞き。

私たちは、ありありと個別の身体の存在を感じているが、

それは「この世」の感覚であって、

「あの世」から見れば、

そんなものはまったく実体がなく、

「全体としてのひとつ」に溶け込んでいるのだよ。

それと同じように、感覚も想念も行いも意識も、

「この世」では、

あたかも、自分自身に属しているように感じられるけど、

本当は宇宙全体として「あの世」にたたみ込まれている、

というのが真の姿なのさ。

 

シャーリプトラよ、わかるかい。

今言った、自分自身だけでなく、「この世」のすべては、

個別に存在しているのではなく、

全体として「あの世」にたたみ込まれている、

というのが宇宙の基本構造なのだよ。

それは、物質や精神だけでなく、

じつは時間までたたみ込まれているのさ。

だから、「あの世」から見れば、

誕生も死も存在しないし、何かが変化する、ということもない。

そう、「あの世」というのは、

過去も現在も未来も

すべてごちゃごちゃに一緒になった不思議な世界なんだよ。

すべてが一体だということは、

「正しい / 誤り」、「正義 / 悪」、「神聖 / 穢れ」

などという区別もなくなるのさ。

「これは正しい」、「こっちはまちがい」

などと、どこかにピッと線を引いて、

すべてを分け隔てて峻別しようとするのは、

「この世」の思考パターンであって、

真実の智慧からは、ほど遠いのだよ。

「あの世」では、すべてが受容され、

一体不可分だから峻別しようがないのさ。

 

今、私たちが、ありありと感じている

あらゆる感覚も、あらゆる認識も、

「あの世」では、まるで実体がないのだよ。

 

お釈迦様はかつて、

私たちが宇宙の根本原理に疎いものだから、

ついつい「あの世」の涅槃から分離したという

「セパレーション感覚」を育ててしまい、

それが我欲につながり、

最終的には、老いや死などの苦しみを生じているという原理を、

十二のステップに分けて、詳細に論理的に分析されたね。

逆にいうと、

人間の根本的な苦しみである

老いや死から解放されるためには、

この十二のステップをひとつずつ順番に滅していき、

最終的には、

宇宙の根本原理に対する昏さから脱しなければいけない、

と説かれたのさ。

 

だがしかし、このような論理的な分析というのは、

「この世」でしか通用しないものなんだよ。

何故かと言うと、

すべてが一体に溶け合っており、

時間が存在しない「あの世」では、

原因と結果が区別できず、

いっさいの論理的な分析を超越しているのさ。

 

まったく同じように、

人間は煩悩が尽きないから苦しむ、ということを出発点として、

それからどうしたら逃れられるかを説いた、

四つの真実(四諦)という仏教の根本教義も、

「この世」でしか通用しない論理であり、

「あの世の智慧」ではないのだよ。

 

「あの世の智慧」という言葉を使っているけど、それは

「この世の知恵」のように、

知識やノウハウとして獲得できるものではないのだよ。

だから、何かを獲得しようとしないで、

なんの目的意識も持たないで、

ただひたすら、修行そのものに専念していると、

修行者は

「この世」と「あの世」を隔てている壁が淡くなり、

すべては一体で溶け込んでいる、という状態に近づいていくのさ。

その壁がなくなれば、一切の恐怖や不安もなくなるよ。

さらには、自分の肉体という皮袋の内側だけが自分だ、

という錯覚を離れて、

「全体としてひとつ」という「あの世の智慧」に達すれば、

ごく自然に、究極の心の平安が得られるのさ。

 

今までもそうだったし、

そしてこれからもずーっとそうなのだが、

悟りを開いた人というのは、

専ら修行に専念してきたのであり、

それにより、これ以上はない普遍的で、

正しい悟りの状態に達するのだよ。

 

修行としては、ひたすらマントラを唱えて

瞑想することをオススメするが、

これ以上はないという、とてもすばらしいマントラを教えてあげよう。

これを唱え続ければ、いっさいの苦しみから解放されるよ。

これ、本当だよ。

まさに、「あの世の智慧」に達するためのマントラだよ。

さあ、これがそのマントラだ。

 

ガーテー・ガーテー・パーラガーテー・パーラサムガーテー

ボーデイ・スヴァーハー

 

以上が「あの世の智慧」にいたる道なのだよ。

http://www.officejk.jp/category/1327015.htmlより転載。

初版から14年昨年7月に改訂版が再販されたそうです。
『今回、表現を全面的に変えたことのほかに、二点ほど新しく書き加えました。
 ひとつは、東日本大震災の被災者のことが念頭にあったのですが、
強いストレスを受けて、通常の手段ではなかなか瞑想に入れないようなときに有効な、
般若心経のマントラを用いた瞑想法であり、首尾よく瞑想に入れれば「生きるのがつらい」という状態を脱することができるでしょう。

もうひとつは、従来の仏教界の標準的な口語訳から大幅に逸脱した、
天外伺朗による般若心経の意訳です(この後に添付します↑)。
もし、身近にさまざまな悩みを抱えている方がいらっしゃったら、
本書をお薦めいただけたら幸いです。』とありましたので・・・

2012年1月 2日 (月)

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

2011年12月29日 (木)

かけがえの無い地球!

http://www.youtube.com/watch?v=thuViaxRd_w&feature=related

2011年12月28日 (水)

焼き塩!

簡単なことなのですが
思った以上の効果があります。お奨めします。
是非お試しください。

難病も癒す『焼き塩』の薦め

用意するもの:①自然塩②無水エタノール(薬局で千五百円前後で売ってます)
海外で無水エタノールが手に入りにくいときは、Polish Vodka SPIRYTUS 96%Vol.で代用できます。
③瀬戸物皿(熱くなりますので火傷にご注意ください。鍋つかみのご用意も!)

準備:周りに燃えるものがないところで、
無水エタノール瓶を置く位置にも気をつけてください。
お塩が濡れればエタノールの量は十分です。
多すぎると予想以上に火があがることもあります。

ⅰ:自然塩(「しほ・海の馨」「海の精」「赤穂の塩」などなければ普通の粗塩)を
お皿か素焼きの平たい醤油皿などにほんの少し(1・2グラムぐらい)入れ
ⅱ:テーィースプーンに無水エタノールを少量入れ
お塩全体になじむように混ぜます。
ⅲ:点火、チャッカマンなどで火を付けます。
ⅳ:火が完全に消えるまで待ちます。

参考動画URL:http://youtu.be/6BmT6zdxyys

★焼く回数は1度だけでもよし、2度、3度と繰り返してもかまいません。
★1リットルの水に1gの焼き塩。2リットルのペットボトルで2gです。
飲んでショッパク感じるようでしたら調整して薄めてください。
★朝昼晩と何回でも飲んでみてください。量は自分で試行錯誤しましょう。

※時間が経つと効果が薄れますのでその日に使い切りです!

 余って時間が経ってしまった焼き塩は再度同じように焼いてくださっても構いません。
※ペットボトルに残ったお水・余った塩はお風呂に入れてください。
 また、色々な食品を焼き塩水に浸けてみて味の変化なども試してみてください。
 活性化・浄化作用があるそうです。
しなびた野菜や果物などが甦ります。

2011年12月14日 (水)

年末年始の休診日のお知らせです。(再)

年末年始の休診日のお知らせです。

12月29日木曜日は最終受付時間を延長して

受け付け致します。翌30日から3日までお休

です。新年は1月4日水曜日9時半から治療

開始します。時間外ご希望の方はご相談くださ

い。また、休みの間なにかありましたら携帯

メールへご連絡下さい。

携帯メール:ligen15fbあっとまーくdocomo.ne.jp

※「あっとまーく」を@に替えてください。

年末年始の休診日のお知らせです。

年末年始の休診日のお知らせです。

12月29日木曜日は最終受付時間を延長して

受け付け致します。翌30日から3日までお休

です。新年は1月4日水曜日9時半から治療

開始します。時間外ご希望の方はご相談くださ

い。また、休みの間なにかありましたら携帯

メールへご連絡下さい。

携帯メール:ligen15fbあっとまーくdocomo.ne.jp

※「あっとまーく」を@に替えてください。

2011年11月26日 (土)

チャリティーコンサート情報

明日でした!!!
まだ間に合うかな??

Cce00000ike

«不思議?

フォト
無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック